JOURNALS - JSTSS 学会誌

  • 学会員 メンバーシップ応募
  • お問い合わせ

JSTSS 学会誌

学会誌

 

第7巻第1号(2009年2月発行)抄録集

【特集・トラウマとcomorbidity】

トラウマとパーソナリティ

佐野信也
防衛医科大学校心理学学科目

外傷性障碍の発症脆弱性としてのパーソナリティに関する研究,外傷がパーソナリティに与える影響に関する研究を,英語圏の報告を中心に要約した.PTSDを発症した人の後方視的調査のみならず,予め評価を受けていた対象が後に曝露された外傷の影響を調べた調査からも,あるパーソナリティ特性がPTSD発症準備要因として作用しうるとされている.一方,多くの研究は外傷がパーソナリティに多彩な影響を与えることを示しているが,成人と幼少児の場合ではその影響は様々な局面において異なる.Hermanらの報告以来,境界性パーソナリティ障碍が外傷関連障碍であるとの意見が提出されてきたが,これに反論する研究報告も多い.ただし,どの研究も幼少期の外傷(環境ストレス)が心理学的のみならず脳構造や脳機能に,ときに非可逆的な影響を残すという点では一致しており,遺伝子‐環境相関の観点から被虐待とその後の反社会的行動の発現との関連性を探索する研究が注目を集めている.


 トラウマと素行障害

宇佐美政英
国立国際医療センター国府台病院児童精神科

近年の重大な少年事件と共に,児童思春期における素行の問題と幼少期のトラウマ体験に関して社会的注目が集まっている.特に子どもおける最も深刻なトラウマの一つとして児童虐待があり,その長期的な影響が数多く指摘されている現状である.特に情緒面および行動面への影響は大きく,その衝動的な行動と自尊心の低下が繰り返し指摘されている.そして,それらの影響は子どもが本来もっていたADHDなどの「子ども自身の要因」,貧困や親の精神疾患などの「家族要因」,近隣の非行集団との出会いなどの「環境要因」,の3要因と複雑に絡み合い,その後の子どもたちの反社会的な問題行動を誘発していく可能性があるといえる. そのため,子どもの心に携わる専門家たちが虐待に早期に介入することや,素行障害へと展開していく前段階で介入することによって,その後の子どもの自尊感情や社会適応が向上し,世代を超えた被虐待体験の連鎖や重大な反社会的問題行動を止める楔になると期待される.


 外傷後ストレス障害と睡眠障害

土生川光成, 前田正治, 内村直尚
久留米大学医学部神経精神医学講座

外傷後ストレス障害(posttraumatic stress disorder:PTSD)では外傷体験の侵入的想起,回避症状,集中困難,抑うつなどの精神症状とともに,睡眠障害が極めて高頻度に出現する.入眠・睡眠維持困難などの不眠と反復する悪夢が最も多く出現し,各々はDSM-Ⅳ-TRの診断基準での覚醒亢進症状,再体験症状の下位項目に含まれている.これらの睡眠障害は,外傷体験の数十年後でも持続し,患者の社会生活に大きな障害をもたらす. このためPTSDでの睡眠障害の特性やその治療について理解することは臨床上重要である.本稿では,PTSDでの睡眠障害の臨床的特徴,睡眠検査とその所見,治療(主に薬物療法)について,これまでの知見と我々が行った研究結果を中心に論じる.


トラウマと非行・反社会的行動―少年施設男子入所者の性被害体験に注目して―

松本俊彦
国立精神・神経センター精神保健研究所 自殺予防総合対策センター

本稿では,筆者自身が少年施設(少年鑑別所および少年院)被収容者を対象として実施してきた調査の結果にもとづいて,トラウマ体験と非行・犯罪との関連について論じた.少年施設被収容少年は,同年代の一般高校生と比較して,男女を問わず様々な被害体験に遭遇した経験を持つ者が多く,また,特に女性被収容者においては,このような被害体験に関連して,自傷や自殺といった自己破壊的行動が顕著に認められた.また,性被害体験を持つ少年施設男性被収容者は,被害内容や被害に関連する自殺傾向,あるいはPTSD関連症状や抑うつ,解離などの精神医学的症状において,性被害体験を持つ女性被収容者と同程度の重篤さを示していた.さらに彼らは,様々な性的嗜好の偏奇を呈する者が少なくなく,性犯罪加害行為が危惧される一群であると考えられ,そこには,被害者から加害者への転換のプロセスが存在する可能性が示唆された.


外傷後ストレス障害(PTSD)と外傷性脳損傷(TBI: traumatic brain injury)について

重村 淳*1,山田憲彦*2,3,武井英理子*3,野村総一郎*1
*1 防衛医科大学校精神科学講座
 *2 防衛省航空幕僚監部
*3 防衛医科大学校防衛医学講座

外傷性脳損傷(traumatic brain injury:TBI)は,交通事故被害者やイラク戦争帰還兵の障害として社会的注目を浴びているが,身体症状と精神症状との関連性は十分には解明されていない.心身の反応が器質的変化に由来するのか,それとも精神障害に基づくものなのか,両者の症状が一部共通しているために鑑別を困難にしている.TBI後の症状は,以前より脳震盪後症候群と称され,ICD-10では独立した疾患として扱われているが,その妥当性は,急性ストレス障害や外傷後ストレス障害(PTSD)との関連性も含めて意見が分かれている.TBI症例では意識障害が外傷記憶の障害を与えうるが,TBIの記憶障害がPTSDへの発展を阻害するのか否かについても見解が一致していない.さらには,賠償・補償の問題とも結びつき,事態をより複雑にしている.本稿では,TBIと精神障害をめぐる様々な疑問点を検証する.


「生活のしづらさ」を抱える慢性PTSDをもつ者へのケア-ソーシャルワーカーの視点から-

大岡 由佳
帝塚山大学心理福祉学部 

災害・犯罪・事件が頻発する今日,被害直後からの心理社会的介入の在り方については国際的にも盛んに論じられており,また疾患としてのPTSD(posttraumatic stress disorder: 外傷後ストレス障害)の治療についても,SSRI(selective serotonin reuptake inhibitors: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などによる薬物療法や,エクスポージャー療法などの認知行動療法が盛んに研究されてきた.しかしどのような治療であっても全例が治療できるわけではなく,また,ベトナム帰還兵のように,難治例が相当数存在するような集団も存在する. 本邦においては,PTSDの難治化によって慢性的に症状に悩まされる者への治療はほとんど論じられてこなかったといってよい.そこで本稿では,慢性PTSDをもつ者に対して,リハビリテーション的な介入が必要であった事例について報告した. 慢性PTSDに対しては,慢性精神疾患をもつ者に対して行われてきた精神科リハビリテーションの枠組みが役に立った.その基盤には,症状を抱えながらも日常を立て直していく生活者をサポートする視点と,被害によってディスパワーされた被害者をエンパワーする姿勢が特に必要と考えられた.

 

バックナンバーの入手について

学会事務所に残部がある第6巻2号までについては、希望される学会誌の巻号と郵送先を明記のうえ、1冊につき882円分の切手をそえて学会事務局までお申し込みください。
また、7巻1号以降につきましては、下記までお問い合わせください。

(株)金剛出版 出版部 「トラウマティック・ストレス」担当
〒112-0005 東京都文京区水道1-5-16
tel.03-3815-6661 fax.03-3818-6848
http://kongoshuppan.co.jp